【独占インタビュー!】マレーシア機失踪事件 未解決は政府の陰謀!?元海軍司令官が新証言!【ザ・ファクト×The Liberty】

2014年3月8日、
マレーシア航空370便が、
南シナ海上空で行方不明になってから
4年が経過した。

マレーシア政府は
同機がインド洋に墜落したとして捜索を続けていたが、
2017年1月に捜索を終了。
機体は未だに見つかっていない。

以前、ザ・ファクトでは、
マレーシア政府のインド洋墜落説の疑念に迫った
月刊「ザ・リバティ」の特集(2017年6月号)を報じたが、
今回墜落場所に関して、
マレーシア国会議員で同国海軍の元司令官
イムラン・アブド・ハミド氏から新たな証言を得た。

<ザ・ファクト>
誰が何を隠しているのか~マレーシア航空370便 謎の行方不明から3年(2017年7月28日配信)

<月刊『ザ・リバティ』関連記事>
ザ・リバティ 2017年6月号
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1852

【短縮版】マレーシア航空370便 謎の行方不明から3年 誰が何を隠しているのか
https://the-liberty.com/article.php?item_id=12968

マレーシア航空370便で最終報告書「見つからなかった」真相が未解明のまま幕引きか
https://the-liberty.com/article.php?item_id=13599

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク